お金が欲しい主婦におすすめ!フリマアプリで不用品を売ってお金にしよう

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

トピックス一覧

不用品をフリマでお金に

専業主婦とはいえ、自分の自由に使えるお小遣いがあれば重宝するものです。幸いなことに、忙しい家事の合間を縫って、無理のない程度に上手に稼ぐことができる時代です。ネットワーク環境が整っている現在、いつでもどこでも気軽にアクセス出来るWebサイトを利用しない手はありません。例えば家の中に眠っている不用品を売ることができれば、お金が入ると同時に家の中が片付いて、正に一石二鳥です。

フリマアプリで在宅出店

フリーマーケットといえば、お休みの日などに、あらかじめ決められた区画にお店を構えて、対面販売を行うというのが一般的ですが、売るための商品を車などで自分で持ち込まなければならなかったり、出店のための手続きが煩雑であったりと、中々忙しい専業主婦には難しい面があります。しかしこれがネット上であれば、自宅に居ながらにして気軽に出品することができるとあって、このようなフリマアプリが最近、主婦やOLの間で人気になっています。

「メルカリ」

ネット上で不用品を売るためには、オークションサイトなどを利用することもできますが、スマホカメラで撮影した品物をそのまま出品できるという手軽さを実現したのが、「メルカリ」です。

出典元:https://www.mercari.com/jp/

メルカリ

フリマアプリの利用法

もっともアプリ上とはいえ、物の売買を行うという基本に違いはありません。ネット上では様々な物がリアルタイムで売り買いされており、利用者はそれぞれ自分が欲しいものを安く手に入れたい、また逆にできるだけ高く手放したいと、あれこれ工夫しています。売り手にとって、同じフリマアプリ上だけではなく、各種オークションサイトも強力なライバルなのであり、まずは自分が売ろうと考えている品物が、他のオークションサイトではどの程度の値段で売買されているのかをリサーチしておくことが大切です。
フリマでもオークションサイトであっても、最初の値段付けは重要です。余程の希少価値でもない限り、買った値段よりも高くなることは通常無く、また希望金額よりも実際の売値は下がるのが現実といえます。そこで値切られることを考慮に入れた上で、希望金額よりも少し高めの金額で提示するというのが売れるコツといえます。

「いいね」の意味

実際にフリマアプリを使って出品すると、「いいね」の数で、その品物の人気の度合いを測ることができます。そして「いいね」の数は増えても実際に売れないという場合、価格が高いというサインと見てほぼ間違いありません。出品したまま店晒しにして気長に言い値で売れるのを待つか、それとも少し値段を下げてでも人気のある間に確実に売ってしまうのかは、売り手と買い手のお互いの腹の探り合いでもあります。

不用品をフリマでお金に

新着NEWS