主婦だってお金が欲しい!主婦の理想と現実をチェック

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

トピックス一覧

理想と現実

なぜ専業主婦?

女性が結婚したら、専業主婦になるのが当たり前であった時代は過ぎて、今や共働き世帯も珍しくなくなっています。しかしそれでも根強い専業主婦願望の理由は、小さいころからの夢が専業主婦である場合の他に、社会に出て働くことのストレスや、希望する仕事に就くことができないという挫折感もあるようです。その一方で、社会との接点を失って孤立してしまうことを恐れて、専業主婦にはなりたくないという女性も少なくないのです。詳細へ

夫の年収はいくら必要?

女性が結婚して専業主婦になることができるためには、一家の家計を支える夫にそれなりの収入が必要なのは道理です。もちろん住んでいる地域や生活レベル、あるいはライフステージや将来設計などによっても事情が異なるでしょうが、一般的に650万円以上の年収が求められるようです。とはいうものの現実には、年収300万円でも専業主婦でやって行ける一方で、年収800万円でも苦しいなど、一概に線引きできるわけではなさそうです。
詳細へ

支出はいくら?

専業主婦として家計を預かる身になると、夫の収入の範囲内で常に支出を押さえることができなければ、たちまち生活が行き詰まるのは目に見えています。夫の年収から月平均の手取り額を計算し、その2割を手堅く貯金に回すとして、家賃や水道光熱費の他に、保険料や駐車場代や医療費など、支払いが必要な支出項目を差し引いた残りで、食費や通信費や日用雑費を支払うのであり、それほど贅沢はできないという現実が浮かび上がります。詳細へ

お小遣いはいくら?

専業主婦のお小遣いについて、ある調査によれば、30代以下では90%が1万円以下、40代以下では70%が2万円以下という結果になっています。また専業主婦全体では平均1万円から1万5000円ほどである一方で、フルタイムで働く妻が平均2万円ほどと、倍近くの差が生じています。もっとも夫の収入に頼る専業主婦にとって、お小遣いよりも、もしもの場合に備えて計画的に貯蓄を増やしておくことが大切なのは言うまでもありません。詳細へ

新着NEWS