お金が欲しい主婦の理想と現実

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

トピックス一覧

なぜ専業主婦?

戦後の復興に続く、高度経済成長期からバブル経済の崩壊に至るまで、専業主婦とサラリーマンと2人の子供というのが、日本における典型的な家族像でした。女性であれば、寿退社が当たり前であり、共働き世帯はまだまだ珍しいものだったのです。しかし時代は変わり、結婚しても自分のキャリアや社会的居場所としての仕事を続けたい女性も少なくなく、またその一方で、夫の収入だけでは暮らしていけないという切迫した家庭事情を抱えるなど、結婚しても働く女性が増えています。しかしだからといって、女性から専業主婦願望が消えたわけではなさそうです。

専業主婦願望

男性の中には、一昔前のように、自分が仕事から帰宅した時に家に灯りがともっていないことを嫌がる人もいるようですが、女性の中にも専業主婦願望の強い場合が少なくないようです。自ら外にキャリアを求めるよりも、専業主婦として家庭内に留まりたいと願う女性の心理には、それぞれの理由があるようです。もちろん専業主婦とサラリーマンという典型的な家庭に育ち、小さな頃から変わらず、夢は専業主婦という女性もいます。

働きたくない

人それぞれに得手不得手があるのは当然なのですが、社会に出てみたものの働くことに疲れてしまい、結婚したら家庭に入りたいと望む女性もいます。上司や取引先といった様々な人間関係に神経をすり減らしたり、長時間労働などの過酷な労働環境に耐えたり、あるいは毎日の通勤に体力を消耗したり、フルタイムの仕事に就くことによるストレスは決して小さくはありません。それに加えて昨今の厳しい経済環境などもあって職場環境が悪化していれば、セクハラやパワハラなど、精神的に追い詰められるケースもあるのです。

希望する仕事に就けない

また学生時代にはあれこれ自分の将来に夢を膨らませていても、いざ就職しようにも就職難の時代であったり、理想と現実とのギャップに幻滅するなどして、仕事を諦めてしまう女性もいるようです。男女平等とは言いながらも、同期入社でありながら給与や昇進に差が出る現実を前に、やる気を削がれてしまうというのです。あるいは一つ上の世代の女性の先輩に憧れはしても、仕事一筋で活躍する反面、家庭に割く時間が無いといった仕事漬けの生活に、違和感を感じる向きもあるようです。そのため結婚しても共働きで頑張って来たけれども、子供のために自分は仕事を辞めて、家庭に入ろうと考える女性もいるようです。

専業主婦になりたくない

一方社会進出を果たした女性の中には、結婚しても専業主婦にはなりたくないという人も少なくありません。この場合には、家庭に入ることによって社会との接点を失うことを恐れる気持ちが強いようです。

なぜ専業主婦?

新着NEWS