主婦の現実。「自由に使えるお金が欲しい!」家庭の支出はどのぐらい?

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

主婦だって自由に使えるお金が欲しい!

トピックス一覧

支出はいくら?

欧米では、意外なことに細かな日々の買い物を含めて、家庭内の金銭管理を夫が行っていることが一般的であるようですが、日本では多くの家庭で、妻がお財布を握っています。そのため専業主婦の中には、きっちりと家計簿をつけている人も多いものです。妻が専業主婦であれば、基本的には夫の収入だけに頼る以上、出費を上手に管理することができなければ、たちまち生活が破綻してしまうのであって、家計の切り盛りは専業主婦の大切な仕事の一つなのは言うまでもありません。

家計の支出項目

一般的な家庭で、家計の支出項目として挙げられるものといえば、家賃、水道光熱費、食費、通信費、日用雑費などです。それに加えて、例えば毎月定額の保険料、駐車場代、突発的な医療費などの他、夫・妻のお小遣い、趣味・レジャー費用、服代の支払いや、貯金も必要です。これらの毎月の支出が毎月の収入を超えてしまうようであれば、家計は赤字であり、早急に見直さなければなりません。

家計の把握

最近ではクレジットカードやネットバンキングなど、現金をお財布から取り出さなくても気軽に買い物や支払ができます。しかしその分、家計を把握することが難しくなるのであって、ついつい使い過ぎていても気付かないということもあるものです。特に支払いが分割払いや一括引落しである場合には、何をいつ支払うのかが不明確になってしまいます。そこで毎月の支払がどの程度であるのかを的確に把握するためにも、家計簿をつけることは大切です。

年収400万円台の家庭の場合

例えば年収400万円台といえば、30代男性の平均的な収入とされていますが、これを12か月で割ると、月の手取り額は20万円から27万円ほどになります。ここで月手取り額を25万円と仮定して、妻が専業主婦であれば、毎月の支出をこの範囲内に抑えなければならないことになります。まず家計管理の基本として、月手取り額の2割を貯金に回しましょう。そのため最初に25万円から5万円を差し引いて、残りは20万円です。家賃を7万5000円、水道光熱費を2万円、通信費を1万5000円とすると、差し引き9万円になります。しかしこの他にも、更に毎月支払うものがあります。
特に生命保険は、専業主婦にとって夫亡き後の大切な将来資金となるものであり、ある程度の保障を確保するためには、月額1万5000円から3万円程度と、保険料も馬鹿にはなりません。加えて車を所有していれば、保険料や駐車場代やガソリン代がかかります。これらを差し引いた残額から、ようやく毎日の食費や服代を支払うことを考えると、あまり贅沢はできないというのが現実といえるでしょう。

支出はいくら?

新着NEWS